ウユクリームは危険?ニキビには使ってはいけない理由とは?

人気のウユクリームは実は危険?ニキビには絶対に使ってはいけない3つの理由とは?

韓国メイクの特徴といえば、チークレスな頬に、赤い口紅、そして、なんといっても、白い肌です!

 

 

 

そうそう!白肌はインスタ映えするんだよね〜!

 

そして、3CEのウユクリームは、オルチャンの白い肌をつくるのに欠かせないアイテムの1つです。

 

ユーチューブなどでも韓国の人気コスメとして多く紹介されているので、すでに、使っている女の子も、これから使いたい!と考えている女の子も多いのはないでしょうか。

 

 

ウユクリーム

 

 

 

 

3CEのウユクリームは、一個2500円前後で買えるので、そのプチプラなお値段も人気の秘密です。

 

ニキビには絶対NG?ウユクリームをニキビに塗ってはいけない3つの理由!

しかし、実は、ウユクリームは、ニキビができている肌には絶対塗ってはいけないことをご存知ですか?

 

「肌を白くしたい!」の一心でウユクリームを塗っていると、ニキビが悪化してしまう可能性があるのでご注意ください!

 

ニキビができている肌にウユクリームは絶対に使わないほうがいい理由は、その成分!

 

3CEのウユクリームは、ニキビを悪化させる成分満タンなんです!!

 

 

 

え!?そうなの!?むしろ、ニキビの赤みを消えていい!って思ってた!

 

ウユクリームの全成分をチェックしてみましょう!

 

ウユクリームは韓国のコスメなので、公式サイトをみてみても、英語と韓国語の表記のものしかありません。

 

ウユクリーム,成分

 

日本語に訳してみると…

【ウユクリームの全成分】
牛乳たんぱく質エキス、水、プロパンジオール、グリセリン、ヒアルロン酸ナトリウム、ナイアシンアミド、酸化チタン、シクロペンタシロキサン(シリコン成分)、ジメチコン、コポリマー、カカオシードバター、酢酸トコフェール、イソへキサデカンエモリント剤、ポリソルベート80、ポリアクリロイルジメチルタウリンNa、アデノシン、ジメチコノール、水添ポリデセン、ベタイン(トリメチルグリシン)、トリエトキシカプリリルシラン、トリデセス-10、EDTA-2Na、クロルフェネシン、カプリリルグリコール、エチルヘキシルグリセリン、香料

 

 

うん!全然、わからないね!

 

では、1つずつ、ウユクリームがニキビにNGな理由を説明していきますね!

 

《理由その1》毛穴に入り込むシリコン成分が配合されている!

 

まず、ウユクリームがニキビにNGな理由その1が、シリコンがたっぷり入っている点です。

 

シリコンは、毛穴にくっつきやすいという性質があるので、しっかりとオフ出来ていないと、ウユクリームを付けるたびに、自分で毛穴にフタをしているという状態になります。

 

ウユクリームには、シリコン系の成分がたっぷり入っていて、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、コポリマー、ジメチコノールがニキビを悪化させるシリコン系の成分とポリマー成分です。

 

ウユクリームは、「夜、ナイトクリームとしても使えます」との記載もありますが、成分をみていくと、「夜に使うのは危険なんじゃ…?」と不安になってきます。

 

肌理論的に考えると、ウユクリームで毛穴を詰まらせて寝てるようなもんですからおすすめしません。

 

塗って寝たりなんかしたら、夜、お肌が呼吸できずに、朝、ニキビがパンパンに育ってしまいますよ!!

 

 

《理由その2》ウユクリームには、炎症を抑える成分が少なすぎる!


ウユクリームには、ニキビの炎症を抑える成分が1つしか配合されていません。

 

“酢酸トコフェロール”がいわゆるビタミンEのことで、ニキビの炎症を抑える効果がありますが、シリコンで毛穴がふさがれてしまうウユクリームはニキビの炎症部分に成分が届きにくいのです。

 

赤ニキビや白ニキビなど、中で炎症を起こしてしまっているニキビには、ウユクリームは絶対にNGです。

 

 

 

《理由その3》ウユクリームは、ニキビ跡の改善効果も期待できない


また、ニキビができやすい人が、ニキビとともに悩むのが、ニキビ跡です。

 

茶色く変色したニキビ跡は、ファンデーションだけで隠すことが難しく、「何とかしたい!」とお悩みの方も多いのでは?

 

色素沈着してしまったニキビ跡を薄くするには、肌のターンオーバーを加速させ、新しい細胞の生まれ変わりを促進する必要がありますが、残念ながら、ウユクリームには、ターンオーバーを促進する働きはありません。

 

ウユクリームは、酸化チタンの色である「白」で肌をコーティングし、肌全体をワントーン明るくするクリームです。

 

基礎化粧品というよりは、メイクアップ下地という感じですね。

 

美白しながら、肌再生を促進してくれるわけではないんですね。

 

 

以上がウユクリームをニキビに塗ってはいけない理由でした。

 

肌の呼吸を止めて、炎症を悪化させ、肌改善もしないので、肌の調子が悪いときや美肌を目指す人にはおすすめしません。

 

ウユクリームは思っている以上に肌の刺激になるんです。

 

3CEのウユクリームがニキビにNGの3つの理由まとめ

◆シリコンが配合されている!
◆抗炎症成分が入っていない!
◆ターンオーバーが促進されない!

 

ウユクリームを使って、肌トラブルを感じた人の口コミまとめ

化粧下地としてとても良い(化粧ノリが良い)
塗るときにしばらくピリピリするのと、夜お風呂はいる時には肌荒れ?炎症してる。
化粧成分には無知なのでよくわからないけど、もったいないな?。
https://twitter.com/ririko88umare/status/1096139689856102401

友達がウユクリーム使ってて肌真っ白でキレイやけど酸化チタンって安全性保証されてんのかな?
それが怖くてウユクリーム使いたいけど手が出せない。
https://twitter.com/LQs7HB4vyPj4oNz/status/1099125852715999232

おでこにニキビができた
なんで?ウユクリーム合わんのかな
https://twitter.com/Lie______White/status/1098425933185179648

ニキビを改善しながら、美白を目指すのであれば、王妃の白珠がおすすめ!

基本的には、ニキビが出来ているときには、ニキビ専用の化粧品を使い、メイクなどはできるだけしないほうが、跡にもなりにくいですし、治りも早いです。

 

といっても、ニキビができているうえに、すっぴんで出かけるのは抵抗ありますよね。

 

 

 

ニキビを改善しながら白肌を仕込める下地はないの?

 

ニキビを改善しながら、美白を仕込みたいのであれば、沖縄のくちゃがベースでできている、王妃の白珠がオススメです。

 

王妃の白珠は、サンゴやクチャなどの海泥からできた美白パックなのでお肌にも優しいですよ〜!

 

自然由来の成分から出来ているのに、しっかりと美白ができ、さらに肌改善をしてくれるニキビでお悩みの方におすすめのパッククリームです。

 

 

優しいだけでなく、クチャが余分な皮脂を吸着してくれるので、脂浮きもしにくいです^^

 

洗顔後に使用するので、下地として使うウユクリームよりもやや手間はかかるのが難点…(><)…が!!ニキビ肌の悪化を防いでくれるのでこの手間は仕方ない!!

 

王妃の白珠は、メイク中、ずっとつけているウユクリームと違って、パックが終われば洗い流してしまうので、肌へと負担は比べ物にならないくらい優しいです。

 

オルチャンのような白い肌にあこがれるけれど、ニキビができてるしな〜という方は、是非、王妃の白珠をおすすめします。

 

 

王妃の白珠を実際に使ってみたレビューを読んでみる!

ニキビができるメカニズムをおさらい!

ウユクリーム,ニキビ,危険

 

(参考:https://www.pola-pharma.co.jp/story/mechanism/index.html)

 

 

まず、ニキビの始まりは、目には見えない小さな汚れやほこり、皮脂で、毛穴が詰まることから起こります。

 

この段階で毛穴のつまりを解決してあげれば、ニキビはできません。(←ウユクリームはシリコンでこの状態を作ってしまう…)

 

毛穴が詰まると、分泌された皮脂が毛穴の奥に閉じ込められます。

 

時間とともに酸化し、角栓になります。

 

これがいわゆる白ニキビ・黒ニキビと呼ばれる段階です。

 

毛穴に皮脂が溜まり、その皮脂をエサに、アクネ菌が増殖します。

 

見た目にもプツっとした感じになり、これがいわゆる、赤ニキビの状態です。(←ウユクリームはこの炎症を抑える力はない…)

 

そして、毛穴の中で炎症を起こしている皮脂がさらに悪化して膿をもった状態になります。

 

やや痛みがあるので、ついつい触ってしまって、真皮層までダメージを受けてしまい、ニキビ跡になることも…。

 

 

これがニキビができるメカニズムです。

 

ニキビの最大の原因は、毛穴が詰まることなんですね。

 

そして、ウユクリームは、毛穴に入り込むシリコンが大量に入っています。

 

これが、ニキビ肌の人がウユクリームを絶対に使ってはいけない理由です。

カワイイを目指すなら、まずは、ニキビレスの肌を目指すことが大切!

 

パッと明るい白肌は、確かに、ちょっとだけ可愛く見える気がしますよね。

 

写真をとっても、肌が明るいといい感じに映るし、やっぱり、白い肌は憧れます。

 

ただ、ニキビがある人は、白肌を目指すあまりに、何でもかんでも使っていると、「肌は白いけれど、ニキビでボコボコ…」ということになりかねません。

 

白肌ももちろんカワイイの条件ですが、ニキビのないなめらかな美肌は、「カワイイ」の最低条件です。

 

「周りの友達も使っているから…」「雑誌に載っていたから…」「安いから…」といった理由だけでコスメを選ばずに、自分の肌に合ったアイテムをしっかりと見極めるようにしてくださいね。

 

王妃の白珠

page top